行政書士の仕事内容

許可申請

行政書士の仕事は多種多様で、すべての仕事をここで紹介するのは不可能なので、ここではざっくりと仕事内容を分類しました。

行政書士の仕事内容

  1. 官公署に提出する書類の作成・相談
  2. 権利義務に関する書類の作成・相談
  3. 事実証明に関する書類の作成・相談

こうやって書くと少なそうに見えますが、行政書士の仕事で書類作成は数万種類あると言われており、とても広範囲です。

そのため、基本的には業務をいくつかに絞り、専門家として活動している行政書士が多いです(ただし、法律により制限されて業務を行うことはできません)。

官公署に提出する書類の作成・相談

官公署とは、省庁、都道府県庁、市区町村役場、警察署、保健所等です。

その官公署に提出する書類は許認可(許可・認可)や届出等となり、ほんの一部ですが、手続きは以下のとおりです。

  • 建設業許可申請
  • 在留資格認定証明書交付申請
  • 帰化許可申請
  • 飲食店営業許可申請
  • 宅地建物取引業者免許申請
  • 一般貨物自動車運送事業経営許可申請
  • 特殊車両通行許可申請
  • 保管場所証明(車庫証明)の申請
  • 風俗営業許可申請
  • 古物商許可申請
  • 化粧品製造販売許可申請
  • 薬局開設許可申請
  • 産業廃棄物処理業許可申請
  • 自動車保管場所証明書(車庫証明)の届出

権利義務に関する書類の作成・相談

権利義務に関する書類とは、権利義務の変更や発生等を内容とする書類となり、主な書類としては以下のとおりです。

  • 遺産分割協議書
  • 賃貸借契約書
  • 売買契約書
  • 念書
  • 示談書
  • 内容証明
  • 嘆願書
  • 上申書
  • 定款

事実証明に関する書類の作成・相談

事実証明に関する書類とは、社会生活で交渉する場合に証明するための書類となります。
主な書類としては以下のとおりです。

  • 会計帳簿
  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • 事業計画書
  • 申述書
  • 議事録

以上が、大まかな行政書士の業務ですが、行政書士の中には兼業で行政書士として活動していたり、行政書士の業務と他の仕事を組み合わせて活動している人も多いです。

また、行政書士の枠を飛び出て柔軟性を持って新たな仕事をしている行政書士もいるので、そう考えると、本当に行政書士っていろいろな仕事があるなと思います。

行政書士の報酬について

最後に報酬についてですが、報酬は事務所ごとに自由に決めることができるため、具体的な金額は決まっていません。

そのため、はっきりと述べることはできませんが、以下は日本行政書士会連合会が報酬額統計調査をした結果となるので、こちらをご参考にしてください。

https://www.gyosei.or.jp/wp-content/uploads/2016/03/12ad4f65cba6f63c3518bf14b58fdd64.pdf

また、どのような仕事があるかも参考になると思います。

(Visited 16 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする