行政書士試験に独学で合格するお薦めの教材

私は法律の知識ゼロの状況のなか、全くの独学で行政書士試験に合格しました。

いろいろとある勉強法の中でなぜ独学を選んだかというと、以下の理由からです。

  • できる限りお金をかけたくなかった
  • 仕事をしながら資格の学校に通い続けるのが大変だと思った
  • 通信講座は自分のペースで勉強できないと思っていた

独学で勉強しようと決めたのはいいのですが、私は法律をまともに勉強したことがありません。

行政書士試験の問題とはどのようなものか調べてみたのですが、はっきり言ってまったく意味が分からず、「これは普通に勉強していたらダメだ」と感じました。

そこで、一から勉強をしていたのでは約4ヶ月後の試験に間に合わないので、どのような勉強方法があるのか調べてみました。

その結果、実にたくさんの教材が発売されているのがわかりました。

私は自分の将来がかかっているので、ひとつひとつよく調べ、どの教材が良いのか検討しました。

その結果、行政書士試験一発合格センターというサイトで販売している教材に興味を持ちました。

その教材は「わずか147日で行政書士試験に独学一発合格するラクラク勉強法」といい、実際の行政書士が中心となって制作されたものだったのです。

私は以下の理由からこの教材を購入しました。

  • 価格が他の教材に比べて安かった
  • 本物の行政書士が書いており、実体験から教材が作られていた
  • 教材を購入した人たちのコメントに信憑性があった
  • 書かれている文章にとても共感を持てた

※この教材についてのレビューは、下の記事に詳しく書きましたのでご参照下さい。

行政書士を目指すための勉強法は実にたくさんあります。 資格学校に通って行政書士の勉強をする方法もありますし、通信教育で送られて...

この教材の良いところは、空いているスキマ時間を使い、自分のペースで勉強できることです。

私のように仕事をしていたり家族がいるなど、自分の時間が作りづらい人には、特に良い教材だと思います。

もちろん、自分の時間が多く取れる人にも役立つ教材です。

教材費用はできる限りかけたくなかったので、費用が抑えられるのも購入した理由のひとつです。

購入してから分かったことですが、この教材のさらにお薦めなところは、他の試験でも活用できることです。

私は他の試験でも、この教材の勉強法で資格を取得しています。

約4ヶ月の勉強期間で一回目は惜しくも不合格となりましたが、合格ラインに5点足らないという大健闘で、あともう少し、せめて1ヶ月間という時間があれば合格していたと思います。

そして、2回目の試験で晴れて合格しました。

調理の専門学校出身で大学に行っておらず、法律の勉強など全くしたことがなかった私が、ここまで大健闘できたのはこの教材のおかげと言っても過言ではありません。

現在、私が行政書士として活動できるのは、この教材で勉強して行政書士試験に合格できたからだと、自信を持って言えます。

(Visited 218 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする