行政書士試験は独学かつ短期間で合格できる?

結論からいうと、行政書士試験は独学で勉強して合格できます。

実際に独学で勉強して試験に合格し、行政書士資格を有する人は多くいます。

私自身は、書店で売っている参考書や問題集だけで勉強し、行政書士試験に合格しました。

しかし、「行政書士試験の合格率推移」の記事でも記載していますが、おおよその受験生は何らかの通信教育や講座などによる勉強方法を取り入れており、実際に私もある勉強方法を取り入れて勉強しました。

なぜかというと、やみくもに勉強するより、自分に合った勉強法を取り入れたほうが効率よく勉強でき、かつ、合格率は高くなるからです。

合格率は、昔の一桁に比べると10%台となっており、一見すると試験問題が簡単になったように思われますが、法律の理解や思考に関する問題が出題される傾向があるため、教材や過去問を勉強するだけで大丈夫とは言えません。

行政書士試験は昔よりは簡単になったとはいっても、それでも合格率は約10%です。

独学での受験を考えているのであれば、それなりの覚悟が必要となるのではないでしょうか。

長時間の勉強を計画的に実践できるタイプの人なら問題はありませんが、「挫折してしまうかもしれない」「スケジュールを守っていけるかどうか不安」と思う人は、自分以外の誰かが関与してもらえる環境の方が適しているかもしれません。

大事なのは、独学で勉強するにせよ資格学校に通うにせよ、勉強方法やスケジューリングが非常に大事だということです。

しかし、資格学校や通信講座などは独学で勉強するためには、ある程度まとまった金額が必要となります。

独学で勉強するとなれば、教本やテキスト等の費用しかかかりませんが、資格学校ともなれば、入学金や毎月の費用が発生してきます。

また、資格学校は授業に合わせて時間を調整しなければならず、忙しい社会人や学生の人にはスケジュール調整が難しいこともあるかもしれません。

もしも、あなたが社会人や学生で、本業が忙しく、資格学校に通うことが難しいのであれば、独学での勉強方法は選択肢の一つになるでしょう。

独学で勉強する場合は、私が実践した勉強方法をお薦めします。

独学で勉強するか資格学校に通うか、費用面や通学時間なども鑑み、どちらの勉強方法を選択するか検討してみて下さい。

独学にせよ資格学校にせよ、行政書士試験に合格するためには勉強しなくてはならない範囲は同じです。

それぞれのメリットとデメリットを比較し、自分には「どのような勉強方法が最適なのか」を検討してみることが大事です。

(Visited 33 times, 2 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする