【特典のお知らせ】食べていける行政書士になるためには

行政書士のバッチ

ネットではよく「行政書士だけでは食えない」「行政書士は儲からない」と書かれていることがあります。

これは本当なのでしょうか?

答えは『NO』です。

現実に私は行政書士業務だけで妻と子供三人を養っています。

行政書士で食べて行けるかどうかですが、これは「ラーメン屋さんでやっていけますか?」「ラーメン屋さんは儲かりますか?」と聞いているのと同じです。

ラーメン屋さんで儲かるところもあれば、廃業するところもありますよね。
それと全く同じです。

お客様から仕事を頂き、誠実に対応していけば、行政書士だろうとラーメン屋さんだろうと食べて行けるのです。
行政書士は食べていけない職業ではありません。

たしかに、行政書士で儲かっている人がいる一方、まったく稼げずにアルバイトをしながら行政書士をしている人もいます。

タブルライセンスを持つ人もいますが、行政書士一本で食べようと思えば食べていけます。
しかし、行政書士はダブルライセンスを取らなければ食べていけない仕事ではありません。

行政書士の仕事をするうえで、他の資格を取得することはあります。
仕事上、他の資格を取得したほうが仕事をやりやすい場合があるためです。

例えば、遺言書作成の仕事でご相談を受けた場合、終活ライフケアプランナーの資格を持っていると、「終活に関する遺言書のことだけでなく、終活自体の相談にのってくれるんだ。」「いろいろ資格を持っているのでしっかりしている人だ。」など、お客様にとって「安心でき頼りがいのある存在」になるのです。

終活に関する業務をおこなえば、遺言書だけでなく他の業務で報酬を頂けますし、行政書士だけで行えない業務の場合は、業務が行える他の士業の人と一緒に仕事をすればよいのです。

私は開業当初、他の行政書士にお会いしてお話を聞いてビックリしました。
アルバイトをしている人や兼業している人が多かったからです。

挙句の果てにはヒモみたいなことをしてまで、行政書士という肩書きに縛られている人もお聞きしました。
当初は衝撃だったので、「行政書士ってヤバくない・・・?」と思ったことを今でも覚えています。

今となっては懐かしい思い出です。

当サイトから教材を購入して下さる方へ

当サイトから「行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法」をご購入頂ける方に、ささやかではありますが、特典『行政書士として食べていけるようになるためには』をご用意しました。

特典の内容は、実際に私が行政書士に合格したあと、顧客獲得のために実際に行った営業方法を詳しく書いたPDFファイルです。

このPDFファイルに書いてあることを実践すれば、コネがなくともスムーズに顧客を獲得し、他の合格者と大きく差を付けることができるでしょう。

あなたが行政書士として食べていくため、せっかく合格したのに「廃業する」「アルバイトをして食いつなぐ」ということにならないよう、私が実践してきたことを全て書いた機密レポートです。

ぜひ行政書士になった際に、参考にして役立てて頂ければと思います。

特典のもらい方

まず、右のリンクから「行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法」の公式サイトに進み、公式サイトの一番下にある「料金・お申込み」というボタンをクリックします。

次に、遷移した画面の一番上に表示されている「ご注文はこちら」をクリックします。

そして、下の画像のように「以下の特典は、紹介者からの特典です」という表示があるかを確認ください。

特典

この表示がある場合は特典をもらうことができますので、そのまま「行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法」を購入して下さい。

その後、販売サイトからあなたへ購入の案内メールが届きますので、それに従い、教材と特典をダウンロードして下さい。

特典はくれぐれもご同業者に見られないようにご注意下さい。

それでは、ご健闘をお祈りしています!

(Visited 307 times, 1 visits today)
山本が勉強していた頃にはなかった講座
私が行政書士の勉強をしていた頃には、スマホも普及しておらず、現在大きく伸びているオンライン講座というものがありませんでした。

現在では…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする